ふるしゅんのブログ

30代、ふつうの会社員の日常をゆるーく綴ります。

小学校教員資格認定試験(2020年・1次)を受けてきた

以前、ちょこっと日記に書いた「小学校教員資格認定試験」を受けてきました。

furu-shun.hatenablog.com

今年はコロナの影響か、会場がまさかの幕張メッセ(家の近くの大学だろうと見越して出願したのですが…)。大学院時代に学会か何かで訪れた以来です。めちゃくちゃ広い会場で、だいぶソーシャルディスタンスを取っての実施でした。(長机1つに1人、前後左右2mくらい空けて)

試験方法見直しということで、例年2日間行っていた試験を1日に凝縮。こんなに何時間もテストで集中し続けたのは何年ぶり(何十年ぶり?)か。頭パンクです。

東京と大阪で実施していて、東京の受験者は500人くらい。受験者は若い人多めかな?でも、おじいちゃん世代の方なんかもいて、幅広い層から受験しているようでした。みんなやる気があって来てるんだもの、多くの人が合格できるといいのになぁ、と思いました。(合格率は10%台らしい。。)

不合格なら終了、合格でも2次試験があり、なかなかハードですが、ひとまず一段落。受験した皆さん、長時間お疲れさまでした。

 

子供たちにお土産頼まれたので、ぴーなっつ最中詰め合わせを買ってきました。ウマいねー。(東京と言いながら、千葉県でしたね。)

f:id:furu_shun:20200913230821j:plain

******

択一問題の正答が発表されたので自己採点。

合格ラインはおそらく6割。下の「資料7」によると…。

教員養成部会(第106回)配付資料:文部科学省

・(I):17/20問=85%→OK

・(II):合計 44/60問=73%→OK

 ・国語:6/10問

 ・算数:8/10問

 ・理科:7/10問

 ・生活:9/10問

 ・図画工作:8/10問

 ・体育:6/10問

よかったー。あとは論述が合格基準超えてるかどうか。算数はよしとして、教職が問題だな…。